設計へのこだわり[家づくりのこだわり] - 山下ホーム【富山の自然素材注文住宅、高気密・高断熱FPの家】

いくら健康な家でも、家の中が寒かったり、暑かったり、結露でジメジメするような家は、いい家とは言えません

だから山下ホームは、ご家族みんなが春夏秋冬を通して1年中快適に過ごせる家をつくりたいと考えています。
「高気密・高断熱の家」は、隙間がなく魔法瓶のような働きで家を包み込み、冬の寒さや夏の暑さを家の中に通しません。
室内の温度差がないので、温度差から生じる結露がありません。
結露がないとアトピーやアレルギーの原因にもなるカビやダニの発生が抑えられます。
湿気で木が腐ることもないので家が長持ちします。
冷暖房の効きがよく、温度を保ってくれるので、省エネで家計にやさしくエコな家でもあります。

そして、春や秋には窓を開けて、気持ちの良い風が家の中を流れるよう間取りや窓の配置に工夫しているので、
1年を通して心地良い家が実現します。
■夏の暑さ、冬の寒さから守る
■春や秋は、気持ちの良い風が通る

夏涼しく、冬あたたかい1年中快適な「FPの家」

まるで魔法瓶のような住まい

FPウレタンパネルで家全体をすっぽりと包み込み、魔法瓶のように室内の快適さを逃がしません。
床暖房なしで、真冬でも裸足で過ごせる快適さです。また断熱・気密・計画換気のトリプルパワーで、結露が起りにくく、
結露が原因で発生するカビやダニなどの発生を抑えます。
屋根には、発砲ウレタン
●発泡ウレタンを185㎜吹付けています。
壁には、FPウレタン断熱パネル
●硬質ウレタンフォームによる高い断熱性能!
●耐水性・耐久性に優れ、経年劣化がほとんどありません。
FPパネル自体の強度が、構造体一体となって建物の耐震性能を
 向上させます。
床には、FP床パネル
●パネルとウレタンの一体型による強さで、荷重によるたわみの心配
 がありません。
●ウレタンの優れた断熱性が床下からの冷気・温度をシャットアウト!
●徹底した気密施工が、通年の自然なぬくもりを実現しています。

高気密とは?

たとえば、穴の開いたバケツをイメージしてみてください。穴が小さければ水は少しずつしか漏れませんが、大きな穴だとたくさんの水が漏れてしまいます。気密性は、それと同様に、家からどれだけ空気が漏れるか、隙間風がどれだけ入ってくるかを表す性能のこと。つまり、住宅にあいた穴(隙間)がどれくらいあるかを数値で表したものが気密性です。
「FPの家」では、現場での気密施工を徹底。パネルと柱や梁の接合部はもちろん、パネルとパネルの接合部、窓などの開口部、床の配管部分などには気密テープを丁寧に貼り、ウレタンの吹きつけも併用して、隙間風をシャットアウト。また構造体としての優れた強度も発揮しています。

高断熱とは?

断熱材に独自に開発したウレタンパネルを採用

断熱とは、熱を伝えにくくすることです。例えばペットボトルのお湯はすぐに冷めてしまいますが、魔法瓶のお湯はなかなか冷めません。
これは冷水の場合も同様です。冷めたり、ぬるくなるのが遅いか速いかが、断熱性能の差です。この時の器(断熱材)の厚さや材質などによって、断熱性能は異なります。また、住宅内部の熱は窓や屋根など家全体から逃げていきます。
「FPの家」の最大の特徴は、最高レベルを誇る断熱性能。独自に開発したウレタンパネルを断熱材として採用していることです。
厚さ105mmのFPウレタンパネルは、グラスウールとは2倍の差。パネルに使われている硬質ウレタンフォームの断熱性能を表す「熱伝導率」は0.023W/mK以下で、断熱材としては最高レベルに近いものです。(熱伝導率とは物体のもつ熱の伝わりやすさを表したもので、数値が小さいほど断熱性が高くなります。)

気密性が高く、結露に強い

結露は、カビやダニの発生の原因となりますが、そのカビやダニは、喘息やアトピー性皮膚炎の原因といわれています。そして住む人はもちろん、家自体の健康にも大きな影響を与えるのが結露です。結露には、室内外の温度差によってできる表面結露と、壁の中に水蒸気が侵入してできる内部結露(壁体内結露)があり、とくに問題なのは、直接目に見えない内部結露の方です。高温多湿な日本において、健康な暮らしを送るためには、”住まいの結露対策”が重要なポイントいなります。
隙間風が自由に入り込む家では、いくら断熱を施しても効果は半減します。また部屋ごとに温度差があるような不完全な断熱の家で気密性を高めると、結露の原因になりかねません。さらに、室内の空気を保つには換気が不可欠ですが、気密性が不十分だと計画換気はできません。つまり、断熱と気密、換気はそれぞれに高精度で実現されてこそ、真の効果を発揮するのです。

私たちの身のまわりにあるウレタン製品

・サーフボード…軽くて水に強い
・冷蔵庫、自動販売機、クーラーボックス…熱や冷気を伝えにくい
・ヘッドフォン…騒音に強い、音の出入りを遮断する
・車や旅客機などのシート、ヘルメット…高い衝撃吸収力、高耐久、地震や台風に強い
・ソファやマットレス…軽くて丈夫、変形に強い
FPの家とは?

耐久性・室内環境・省エネ性能

断熱性能

「FPの家」の最大の特徴は、断熱材として、独自に開発したウレタンパネルを採用していることです。最高レベルを誇るFPの断熱性能。 厚さ105㎜のFPウレタンパネルは、グラスウールとは2倍の差。パネルに使われている硬質ウレタンフォームの断熱性能を表す「熱伝導率」は0.023W/mK以下で、断熱材としては最高レベルに近いものです。
(熱伝導率とは物体のもつ熱の伝わりやすさを表したもので、数値が小さいほど断熱性が高くなります。)

熱損失係数

断熱とは、熱を伝えにくくすることです。例えばペットボトルのお湯はすぐに冷めてしまいますが、魔法瓶のお湯はなかなか冷めません。
これは冷水の場合も同様です。冷めたり、ぬるくなるのが遅いか速いかが、断熱性能の差です。この時の器(断熱材)の厚さや材質などによって、断熱性能は異なります。また、住宅内部の熱は窓や屋根など家全体から逃げていきます。これらを計算し、数値で表したのが「熱損失係数(Q値)」です。

気密性能

たとえば、穴の開いたバケツをイメージしてみてください。穴が小さければ水は少しずつしか漏れませんが、大きな穴だとたくさんの水が漏れてしまいます。気密性は、それと同様に、家からどれだけ空気が漏れるか、隙間風がどれだけ入ってくるかを表す性能のこと。
つまり、住宅にあいた穴(隙間)がどれくらいあるかを数値で表したものが気密性です。
「FPの家」では、現場での気密施工を徹底。パネルと柱や梁の接合部はもちろん、パネルとパネルの接合部、窓などの開口部、床の配管部分などには気密テープを丁寧に貼り、ウレタンの吹き込みも併用して、隙間風をシャットアウト。構造体としてのすぐれた強度も発揮します。

開口部性能

窓は熱の通り道です。室内温度を上昇させるひとつひとつの要因は、窓から入り込む強い陽射し。そこで遮熱ガラスが、光だけを取り 入れ太陽熱を反射することによって外からの熱をさえぎり、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内をつくります。またUVカット機能により、家具や内装材を紫外線による日焼けから守り、明るく美しいお部屋を保ちます。このように外の暑さを入り込ませない遮熱の発想が、快適・省エネルギー生活の第一歩といえます。また、樹脂サッシは熱伝導率が低く、断熱性能は高いのが特徴です。そのため結露を発生しにくく、構造体を傷めにくいという利点があります。

長期優良住宅

ヨーロッパでは、新しく家を建てるより、いま住んでいる家を維持管理して、いつまでも住み続けようという考え方が一般的です。住宅は個人の資産であると同時に、大切な社会資産であると考えているからです。住宅が100年もつと、それだけで少なくとも家2棟分の木を伐採しなくてすみますし、また家が100年もつことで住居費は3分の1ですみ、次の世代は3分の1のリフォームで豊かに暮らすことができます。確かな耐久性をもつ、より寿命の長い住宅をつくることで、価値ある社会資産の形成と地球資源の保護に力強く貢献していきます。

室内環境性能

住む人の健康を守る家づくり。そのために室内の空気環境に着目し、太陽光とガラスを使った自然の力で、花粉、ハウスダスト、ホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)を分解し、空気をナノレベルまで浄化します。そうすることで、防汚、シックハウス、アレルギー、ニオイなどの対策として効果があり、安心して暮らせる家を提供します。環境部門において日本で初めて国土交通大臣認定(RLFC-0004)を取得してます。

断熱環境性能

消費エネルギーをできるだけ0(ゼロ)に近づけること、そして耐久性と堅牢性を備えた100年住宅をつくること「ゼロエネルギー、100年住
宅」をコンセプトとした、人と地球にやさしい住まいづくりをめざし、CO2を削減のための取り組みはもちろん、全国各地区に「ゼロエネルギー住宅研究会」を発足させ、実証的な検証を進めています。
また、オゾン層の破壊を防ぐために、フロンを一切使用しない、水発泡方式ウレタン断熱パネルを独自に開発し使用しています。全国に5つあるウレタン断熱パネルの生産工場では、ゼロエミッションの考えに基づき、ゴミの適切な処理はもちろん。製造段階からできるだけ産業廃棄物を出さないような取り組みを進めています。
さらに、木材のリサイクルやウレタンの再利用など、工場における「生産+回収」が可能になるシステムをめざして、限られた資源を有効活用し、循環型社会の構築に取り組んでいます。

高性能樹脂サッシを使用

開口部には高性能樹脂サッシを使用

外と室内をつなぐ部材だからこそこだわります。

熱を入れない断熱サッシ(遮熱複層ガラス)

外と室内をつなぐ部材だからこそこだわります。樹脂サッシと複層ガラス一体構造のサッシで熱を伝える力はアルミサッシの1/1000。結露が発生しにくく、構造材を傷めにくいという利点があります。複層ガラスには熱や紫外線を約70%カットする遮熱ガラスを標準採用しています。

YKK断熱玄関ドア デュガードTypeS D2-3220

断熱パネル、断熱枠、複層ガラスを使用した、厚さ60㎜の断熱ドアは、一般使用の玄関ドアの約2倍の断熱性能をもち、断熱性能最高のH-5等級の玄関ドアです。

FPの家専用 樹脂サッシ

樹脂サッシ+複層ガラス
樹脂サッシと複層ガラス一体構造のこのサッシは、一般的なアルミサッシ(アルミサッシ+複層ガラス)の約3倍もの断熱性能をもっています。また、カビやシミの原因にもなる不快な結露を発生しにくくします。

夏に涼しく、冬暖かいしくみ
外側のガラスの内側に特殊金属膜をコーティングしてある、遮熱高断熱(Low-E)複層ガラスを使用しているので、冷暖房効率もアップし経済的にも有効です
■冬暖かいしくみ
■夏に涼しいしくみ

こだわりの家づくり index

  • 健康な家
  • 春夏秋冬快適な家
  • 安全で長持ちする家
  • 設計へのこだわり
  • アフターメンテナンス
  • 職人へのこだわり