みんなのブログ - 山下ホーム【富山の自然素材注文住宅、高気密・高断熱FPの家】

  1. HOME
  2. みんなのブログ
  3. 2016年02月の記事一覧

岐阜県の下呂温泉に行ってきました!

 

3月の誕生日休み、せっかくなので旅行に行こうかな…と、

旅行サイトを見ていたところ『ふるさとクーポン』というものが出ていました。

冬場の地方活性化のために国から交付金がでているそうで、

岐阜県の場合

・大人2人で

・合計4万円以上のプラン

・2月中利用

の3条件を満たせば、★2万円分割引★という大変嬉しいクーポンが出ていました。

2月になってしまうけどこれを利用しないのはもったいない!とさっそく予約。

 

岐阜はあまり行かないので、『プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選』を参照に 「水明館」という旅館を選んでみました。

 

 

選ばれる理由がわかる、大変素晴らしい旅館でした。

 

 

お部屋↓

IMG_0141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着時に、お抹茶と品の良い和菓子でおもてなししてもらいました。

 

10F部屋からの眺め↓

IMG_0143_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら曇り空。でも眺め良し。

 

楽しかったのは、夕方5時から開催される館内ツアー! 支配人(80代のおじいちゃん)が館内を案内してくれます。

館内にある絵や大きな置物、大宴会場、コンベンションホールなど ひとつひとつ回って説明してくれました。

以下、特に印象に残っているもの。

 

500帖の大宴会場↓

IMG_0158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひ、広い・・・

 

コンベンションホール↓

IMG_0165_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊紋石↓

IMG_0153

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊のような模様がある大きな不思議な石でした。

写真印刷して財布に入れとくとお金が溜まるかも、という説明がありました(*^_^*)

 

 

夕食は飛騨牛しゃぶしゃぶコースを選びました。

お部屋食↓

IMG_0174

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0175

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0176

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉1枚がとっても厚くて重い!

やわらかくて、それでいて脂っこくもなく美味しかったです。

 

デザートは食べることに夢中で写真撮り忘れました(^_^;)

 

 

温泉は3カ所ありました。

内湯付き露天風呂、展望風呂、サウナ付き大浴場。

お湯は無色透明だけどぬるっとしてました。

湯上りは肌がしっとりして、なかなか良い湯質だったと思います。

使用しませんでしたが、部屋のお風呂の蛇口傍に“源泉”と記述があったので、お部屋でも温泉水が楽しめるようです。

 

 

とにかく、おもてなしが大変上手でした。

部屋食で仲居さんにお世話してもらいましたが、かまいすぎず、放っておかれすぎない適度な距離をとってくれました。

 

また行ってみたいと思わせる旅館でした。

 

総務:紙屋


February 28, 2016 , 4:39 PM

IMG_3584_R

 

こんにちは。営業の蜷川です。今日の天気は晴れ!!前日の大雪もおさまり、今日は雲一つない快晴です!

ラーメン日和です!という事で、昼ごはんに近くのラーメン屋さんにきてみました。健康診断も終わり、体重の事を気にせずラーメンを食べる事ができました。担担麺おいしくいただきました。御馳走様でした!

 

営業   蜷川

 

 


February 18, 2016 , 1:18 PM

 

今年に入って、あっという間に1月が終わり、

2月も立春が過ぎ、暦の上ではすでに春です。

 

今更ですが、お正月「出初式」のお話です。

天気予報では雪の予報が出ていましたが、なんとか外で梯子登りをすることができました。

 

IMG_2503

なぜ出初式で梯子登りを披露するのでしょう?

調べてみました。

ルーツは江戸時代に遡ります。

 

「消防設備が整っていない江戸時代、梯子は 風向きや火災の状況を把握するために

必需品でした。

火元の確認や、建物の配置なども梯子に登り情報を得ていたそうです。

しかし、風にあおられたり、バランスを崩したりと、梯子に登るには技術と経験が

とても重要でした。

日頃から訓練を行い、 時には曲芸のようなことで度胸をつけ、 火事に備えていたわけです。

そして、出初式の時には、 各々の町火消の集団が磨き上げた技を 披露するようになりました。

それが現代にも伝わり、今では はしご車など消防機器も整ってきましたが、

火消の伝統を伝える為と言われています。」

 

な~るほど、それでアクロバティックな演技をするんですね。

 

その後は観閲や行進、ホール内での式典などをこなし、無事出初式は終わりました。

今年は勤続10年の表彰状をいただきました。

振り返れば、周りに支えられて、あっという間の10年です。

これからも、微力ですが消防団活動にお役に立てるよう頑張りたいと思います。

総務 平田でした。

 

 


February 8, 2016 , 4:08 PM