みんなのブログ

OUR BLOG

気密測定

2008.07.16

隙間が多いと換気が計画通りに行なわれず、悪い空気が溜まったり、結露の原因になります。
さらに建物の温度差が多くなったり、断熱が入っていても暖かい空気が逃げてしまい、省エネになりません。
ですから、気密測定を行い、その家の性能を確認しなければいけないのです。
山下ホームは全棟気密測定を行い、証明書を発行しています。
山下ホームFPの基準は1.0c㎡/㎡以下です。
もしそれ以上の数値が出た場合、お引渡しができなくなります。
設計段階の時に計画された”換気の流れ”が、
うまく作動するのは1.0c㎡/㎡以下と言われています。
結露、カビ、ダニの原因はほとんど換気が悪いせいです。
 高気密住宅    中気密住宅     一般住宅
1.0c㎡/㎡以下  2.0c㎡/㎡以下  5.0c㎡/㎡以下

今日は1日で4件の気密測定を行ないました!
T様邸気密測定結果は 0.50c㎡/㎡ でした。
S様邸気密測定結果は 0.57c㎡/㎡ でした。
S様邸気密測定結果は 0.54c㎡/㎡ でした。
A様邸気密測定結果は 0.45c㎡/㎡ でした。         検査員:松島 ㈱山下ホーム