みんなのブログ

OUR BLOG

太陽光発電

2009.08.03

工務部の大橋です!
先日、FPの岐阜工場にて太陽光発電(FPサンブリッド ジャストルーフ)の講習会に参加して来ました。
通常、太陽光発電というと屋根材の上に乗せる後乗せタイプを想像される方が多いかと思いますが、私が講習を受けてきたこの『FPサンブリッド』は屋根材と太陽光パネルが一体となった屋根材一体型を採用しているんです!!
◎屋根材一体型だと・・・
・取り付けの際に屋根材を傷付けないため、雨漏りのリスクが軽減される
・後乗せタイプだと屋根材の葺き替え、塗装の際に取り外し、再取り付けが発生し施工代が高くなるが、一体型ではそのコストがかからないので経済的に維持ができる
◎FPサンブリッド(ジャストルーフ)の特徴…
・太陽光パネルが屋根材と一体化している(雨漏りに強い、維持費が安い、見た目もスッキリ)
・パネル間にたくさんの雨樋があり、雨水の侵入を防ぐ
・電気ドライバーのみで施工できるくらい取り付けが簡単
といった感じです!!
座学の後、実際に施工を体験させてもらいましたが、パネルがとても軽く、電気の接続も端子を差し込むだけと非常に簡単に施工できました!






現在、国や地方より太陽光発電の補助金が支給されていますし、今後、売電の価格が優遇されるという話もありますので、お家の購入と一緒に太陽光発電の導入っも検討されてはいかがでしょうか?