みんなのブログ

OUR BLOG

みんなのブログ|富山県で高気密・高断熱の家なら山下ホーム

新築住宅の暖房選び

2021.12.21

新築で注文住宅を建てる場合、さまざまな要望に応えてくれるのは大きなメリットですが、反面、選択肢が多すぎて迷うケースもしばしば。暖房機器選びもその一つです。
そこで今回は、戸建て住宅の暖房について、クローズアップしてみましょう。

戸建て住宅の暖房は輻射式と対流式が主流

家を新築するなら、「冬でも家じゅう暖かで快適に過ごせる家を建てたい」と、誰もが思い描くもの。
そこで非常に悩むのが暖房設備をどうするのかという問題です。
寒さの厳しい地域に住むのであればなおさらのこと。
暖房はいろいろな種類があるので、迷ってしまう人も多いと思います。

比較的広い範囲を温めるのに適した暖房機器は、大別すると、パネルヒーターなどの「輻射式」と、エアコンなどの「対流(温風)式」とに分けられます。
輻射式暖房は空気を温めるのではなく、赤外線を放出して壁や床、天井など表面温度を上げて、部屋そのものを温める暖房方式。
いっぽうの対流式暖房は空気を暖めて室内に対流・循環させる暖房方式です。
このほか、ホットカーペットなどの直接、体に触れて熱を伝える「伝導式」という暖房方式もありますが、室内全体を温めるのには適していません。

コストパフォーマンスを最優先ということであれば、「エアコン」が最適です。
エアコンは「ヒートポンプ」という省エネ技術を採用しており、室外にある空気中の熱を集めて室内へ熱を渡すので、他の暖房機器と比べてエネルギー効率が良く、安全性の高い暖房機器です。
ただし、エアコンは室内が乾燥しやすいため、加湿器との併用が欠かせません。
北海道や東北といった寒冷地での新築戸建て住宅では、熱源装置で温水や温風を作ってパネルヒーターを通じて家全体を暖めるセントラルヒーティングが主流です。
室内で火を使わないので火災の心配がなく、パネルヒーターはあらゆるインテリアに馴染みやすいデザイン性の高さが人気の秘密です。

暖房選びと気密・断熱はセットで考える

毎日を快適に過ごせる暖かい家にするには、暖房機器の性能もさることながら、家の断熱・気密性能の高さがさらに重要です。
暖房選びと断熱・気密はセットで考える必要があるのです。

「FPの家」は、高性能なFPウレタン断熱パネルと徹底した気密施工で、高断熱・高気密を実現。外の温度を室内に入れず、室内の温度を外に逃がさないため、魔法瓶のような役割を果たします。
そのため、冬の寒さに影響されにくく、通年、快適に過ごせる優れた住宅として評価されています。
また、室内の温度差がなくなると、ヒートショックや心筋梗塞、脳卒中などのリスクが軽減されるため、高齢者や小さなお子様など、家族全員に優しい住まいにもなります。

家の新築を計画するなら、暖かく快適に過ごせる「FPの家」で、大切な人と理想の暮らしを実現しませんか。