山下と未来

FUTURE

富山県で健康住宅,木の家なら山下ホーム

環境と暮らし

ENVIRONMENT

暮らしに”良い”を選ぶ

春夏秋冬、豊かな季節がめぐる日本は、 国土の2/3を森林が占める緑豊かな国です。
森を守り、育てながら、木を切り出し、切り出された木は家となり、家具となり、食器となり、人々の暮らしを支え、豊かな文化を育んできました。
しかし、現在、「安く大量に仕入れることができる」という理由だけで、日本は世界有数の木材輸入国となり、 国内の木材消費の約8割以上が輸入材で賄われています。
こうした中、国内林業の不振は進み、手入れが行われないまま、放置された山林が増えています。
木の家で生活する「健康」な暮らしが、「自然との共存」につながっていく。
私たちは、そんな環境共棲の連鎖を生み出していきたいと考えています。

日本は世界有数の森林国にもかかわらず、戸建住宅の多くはホワイトウッドと呼ばれる、北欧やロシア産のスプルースという木材を使用しています。強度がなく、細く板状にしたものを、接着・プレスし「集成材」として利用しているのです。日本の気候風土に合った、国産材による家づくり。それは、住宅がより長く、満足度の高いものになるだけでなく、日本の森を守り、山を守り、ひいては災害から私たち自身を守ることにもつながります。

子ども達に自然の大切さを知ってもらうために、親子で楽しみながら自然とふれあうイベントを開催しています。
森の散策で山や自然と触れ合い、山からの恩恵を受ける海で地引網などを体験します。自然を通して、先人の暮らしの知恵などを教わります。

植林を通して森を育み、環境と私たちの暮らしを身近に感じる体験をします。積極的な関わりの中で自然を大切にできる心を育てます。

自分自身、そしてまわりの大切な人たちの健康や、地球環境のことを考えていろいろなモノ・コトを「選ぶ」こと。
それを楽しみながら続けることで今の暮らしがより快適に、それが省エネや節約にもなれば嬉しい。
一人のチカラは小さいけれど、一人ひとりのチカラが合わされば、きっと大きなチカラになるはず。
小さなエコの積み重ねが、私たちの子どもや孫の世代の明るく豊かな未来につながっていくと考えています。