山下ホームにお問い合わせをする

家へのこだわり

Product山下ホームの「モノ」

健康な家Housing

知ってほしい。家が原因でおこる病気。

化学物質のなかった時代の家づくりには、先人たちの知恵がたくさん詰まっていました。
木や土、漆喰、ニカワなど、「人」と「家」と「自然」に優しい天然素材を使って家を作り、素材の持つ力を大切にしながら、家とともに長く生きてきました。
しかし、時代の変化とともに、建築技術の進化に伴い、現代の住宅では「人」への様々な影響が出ているのです。

アレルギー性疾患(ぜんそく・アトピー性皮膚炎)

アトピー皮膚炎は、日本では10人に1人の子どもがかかっているという報告が出ています。ハウスダストやダニが繁殖しやすい住宅が増えるなど、生活環境の変化が大きな要因と言われています。

カビ・ダニ

家が原因で起こる病気の多くは、カビ・ダニが原因。昔の家とは違い、アルミサッシやビニールクロスを多く使った現代の家は、より気密性が高くなり、カビの繁殖を増大させる環境が多く見られます。家全体の湿度を、カビ・ダニが発生しにくい50%前後に保つことが、健康な家の必要条件と言えます。

ヒートショック

温度変化により、血圧が急激に変化し、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすヒートショック。冬の戸建て住宅では、部屋間で10度もの温度差が生まれることもあり、大きな危険を生みます。住宅内のどこにいても温度変化の少ない住まいにすることを、「温度のバリアフリー」と言い、家づくりにおいて注目されています。

素材の厳選Best choice

壁・天井に漆喰・和紙

漆喰や和紙は水分の吸収・放出を繰り返し、室内の湿度のバランスを保ちます。強アルカリ性のためカビ・ダニも生存できず、静電気を帯びないのでハウスダストも寄せ付けません。

接着剤にはニカワ・柿渋・米糊

天然素材100パーセントの接着剤は、殺菌・防虫効果もあり、室内を健康的に保つことができます。

塗料には亜麻仁油・柿渋・米油

化学塗料とは違い、木の呼吸を妨げず、調湿機能を保ったまま、木材を保護することができます。

床材・構造材に天然無垢材

天然木は、乾燥すれば水分を吐き出し、高湿度の時は吸い込むことで、快適な環境を保ちます。紫外線の反射も少なく、目に優しいのも特徴です。

春夏秋冬快適な家All season

健康な家。そして快適な家づくり。

山下ホームでは、家族みんなが春夏秋冬を通して1年中快適に過ごせる家づくりを目指しています。
「高気密・高断熱の家」は、隙間がなく、魔法瓶のような働きで家を包み込み、冬の寒さや夏の暑さを家の中に通しません。部屋の温度差による結露の発生もしにくく、カビやダニの発生も抑制。湿気で木が腐ることもないので、家が長持ちします。
冷暖房の効きがよく、保温性もバツグン。省エネで家計にやさしいエコな家でもあるのです。
窓を開ければ気持ちの良い風が家の中を流れるよう、間取りや窓の配置に工夫しているので、1年を通して心地良い家が実現します。

高気密・高断熱で夏の暑さ、冬の寒さから守り快適な住まいとなります。

春や秋には窓を開け、気持ちの良い風が家中を流れるような間取りと窓の配置に工夫をし、1年を通し心地よい家になります。

高気密とは?High airtightness

家からどれだけ空気が漏れるか、そして隙間風がどれだけ入ってくるかを表す性能のことを気密性と言います。「FPの家」では、現場での気密施工を徹底。パネルと柱や梁の接合部はもちろん、パネルとパネルの接合部、窓などの開口部、床の配管部分などには気密テープを丁寧に貼り、ウレタンの吹きつけも併用して隙間風をシャットアウトしています。

高断熱とは?High insulation

断熱材に独自開発のウレタンパネルを採用

室内の温かさや涼しさを長時間保てるかどうかは、断熱材の厚さや材質によって変わります。「FPの家」の最大の特徴は、最高レベルを誇る断熱性能。独自に開発したウレタンパネルを断熱材として使用し、パネルに使われている硬質ウレタンフォームの断熱性能を表す「熱伝導率」は0.023W/km以下で、断熱材としては最高レベルに近いものです。

気密性が高く、結露に強い

結露は、カビやダニの発生の原因になり、喘息やアトピー性皮膚炎を引き起こす元となります。住む人だけでなく、家そのものにも大きな影響を与えます。結露でとくに問題なのは、直接目に見えない内部結露(壁体内結露)です。高温多湿な日本において、健康な暮らしを送るためには、”住まいの結露対策”は重要なポイントです。
隙間風が自由に入り込む家では断熱効果は半減し、不完全な断熱の家で気密性を高めると、結露の原因につながります。さらに、気密性が不十分だと室内の空気を保つための計画換気はできません。つまり、断熱と気密、換気はそれぞれに高精度で実現されてこそ、効果を発揮するのです。

その他の性能Other

開口部性能

遮熱ガラスが光だけを取り入れ、太陽熱を反射することによって外からの熱をさえぎり、夏は涼しく、冬は暖かい快適な室内をつくります。またUVカット機能により、家具や内装材を紫外線から守ってくれます。また、樹脂サッシは断熱性能は高く、結露を発生しにくいため、構造体にも優しいのです。

長期優良住宅

ヨーロッパでは、住宅は個人の資産であると同時に、大切な社会資産であると考えられています。住宅が100年もつと、それだけで少なくとも家2棟分の木を伐採しなくてすみますし、次の世代は少ないリフォームで、豊かに暮らすことができます。寿命の長い耐久性のある住宅をつくることで、価値ある社会資産の形成と地球資源の保護に貢献します。

室内環境性能

室内の空気環境に着目し、太陽光とガラスを使った自然の力で、花粉、ハウスダスト、ホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)を分解し、空気をナノレベルまで浄化します。防汚、シックハウス、アレルギー、ニオイなどの対策として効果があり、安心して暮らせる家を提供します。環境部門において日本初の国土交通大臣認定(RLFC-0004)を取得しています。

断熱環境性能

「ゼロエネルギー、100年住宅」をコンセプトとした、人と地球にやさしい住まいづくりを目指し、CO2を削減のための取り組みはもちろん、全国各地区に「ゼロエネルギー住宅研究会」を発足させ、実証的な検証を進めています。
また、オゾン層保護のために、フロンを一切使用しない水発泡方式ウレタン断熱パネルを独自に開発。全国に5つあるウレタン断熱パネルの生産工場では、ゼロエミッションの考えに基づき、ゴミの適切な処理はもちろん、製造段階から産業廃棄物を減らす取り組みを進めています。