山下ホームのSDGs

SDGs

山下ホームのSDGs|富山県で注文住宅を建てるなら山下ホーム

未来のために

FOR THE FUTURE

「自然との共存」
自然素材を使った家で健康に暮らす。
私たちは、そんな環境共棲を生み出したいと考えています。

大切な家族が「快適」「健康」に、末永く暮らせる、人を大切にする住まい。
限りある資源を有効活用し、自然を感じながら心地よく暮らせる住まい。
山下ホームが目指しているのは「人と自然が共存する」住まいです。
次世代により美しく、より豊かな未来を残すため、住まいと人と環境の懸け橋となり、
SDGsの目標達成に貢献できるよう、さまざまな活動に取り組んでいます。

SDGsとは

WHAT ARE SDGS?

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

私たち山下ホームは「住まいを通じた末永いおつきあい」という精神のもと、
住まい・まちづくりはもとより、企業活動全般において持続可能な社会の構築を目指し、
4つのサステナブル活動を通して国連の推進するSDGsの達成に貢献できるよう努めてまいります。

山下ホームの取り組み

ATTEMPT

省エネ・CO2削減・自然保護を実現する住まいづくりを通じ、持続可能な社会の形成に尽力します。

SDGsとの関連

ZEHの普及・推進

ZEHの普及に取り組むことで、不要なエネルギーを使用しないライフスタイルを推奨し、家庭部門のCO2排出量削減へとつなげ、地球温暖化防止へ貢献しています。

建築資源の浪費抑制

日本の気候・風土に合った国産材にこだわり、森も守り育てながら、建築物の寿命長期化によって森林資源の浪費を抑制。人にも地球にもやさしい家づくりを行います。

安全・安心な住まいづくりを行います。

SDGsとの関連

健康寿命の延伸へ貢献

高気密・高断熱性を備えた高性能住宅の普及を推進し、部屋間の温度差が原因で引き起こされる心筋梗塞や脳卒中などヒートショック事故を防止し、健康寿命の延伸へ貢献します。

自然素材の推奨

建材に含まれる化学物質がシックハウスを引き起こす原因となります。山下ホームでは、化学物質を含まない無添加素材を積極的に取り入れ、家の空気をクリーンに保ちます。

シックハウス対策の実施

環境測定により安全性を確認し、シックハウス対策を実施しています。
安心して住める住環境を作り、お客様へご提供します。

環境保全活動を続けていきます。

SDGsとの関連

森づくり活動

ふるさと富山のきれいな水源を守り、土砂災害を防ぎ、地球温暖化を防止していく取り組みとして、魚津市片貝川源流にて「森づくり活動」を行っています。
木を切って生業としている住宅会社として森への恩返しをしなければ、という想いで活動しています。

働く環境の整備と働き方改革を推進します。

SDGsとの関連

技術向上・スキルアップ

「より上質でより快適な家をご提供したい」という共通の想いを持った職人さんと集り、研修や勉強会を開催しています。
基礎、大工、内装、電気工事など、専門知識をもった協力事業者と共に、情報交換や技術の向上を図り、よりレベルの高い家づくりを目指します。